サッカーが好きなお父さん

ワールドカップ

ここでは、「ワールドカップ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドカップ南アフリカ大会開催とともに書いた記事を撤収します。
また4年後、2014年ブラジル大会の頃に、これらの記事を更新して載せていきたいと思います。




ワールドカップ南アフリカ大会特集

●個人の記録集
  ◆通算出場試合数ランキング
  ◆通算得点ランキング
  ◆歴代得点王
  ◆歴代MVP
  ◆最年少記録
  ◆最年長記録
  ◆最長記録
  ◆最短記録

●国の記録集
  ◆優勝回数ランキング
  ◆出場回数ランキング(国)
  ◆連続記録

●ワールドカップの雑学
  ◆ワールドカップとPK戦
  ◆過去18大会の優勝国リスト
  ◆ワールドカップの歴代ベスト4の内訳
  ◆ワールドカップ出場国全リスト
  ◆大会別試合数・総得点・平均得点
  ◆開催国の初戦の成績

●ワールドカップドイツ大会
  ◆ハイライト動画(全試合)リスト
  ◆年齢ランキング(若い順)
  ◆年齢ランキング(年寄り順)
  ◆平均年齢ランキング
  ◆平均身長ランキング
  ◆出場選手の多いリーグベスト5
  ◆出場選手の多いクラブチームベスト10

●ワールドカップ南アフリカ大会
  ◆予選得点ランキング 南米予選 ヨーロッパ予選
  ◆ワールドカップ南アフリカ大会リンク集
  ◆出場国リスト(メンバー表リンク)
  ◆試合会場リスト
  ◆テレビ放送予定表 全試合 決勝トーナメント
  ◆ワールドカップ勝敗予想 一次リーグ勝敗予想 決勝トーナメント
  ◆イケメン特集
  ◆美人サポーター特集
  ◆観戦記
  ◆出場国の愛称

●その他ワールドカップネタ
  ◆1994年ワールドカップ決勝戦のPK戦(写真)
  ◆コカコーラ FIFAワールドカップクイズ選手権の答え

●ワールドカップ 日本代表
  ◆日本代表の試合のハイライト動画 1998年フランス大会 2002年日本・韓国大会
  ◆ワールドカップの日本代表メンバー 1998年フランス大会 2002年日本・韓国大会
  ◆選手の選出回数
  ◆日本代表のワールドカップの歴史

●ワールドカップショッピング
  ◆DVD 南アフリカ大会先行予約  過去の大会
  ◆本 大会特集・ガイドブック・選手名鑑   スター選手   その他
  ◆ユニフォーム・Tシャツ
  ◆記念グッズ・応援グッズ(ブブゼラもあります)
  ◆公式ボール【ジャブラニ】
スポンサーサイト
昨日、ワールドカップ南アフリカ大会で、開催国の南アフリカが決勝トーナメント進出を逃しました。

ワールドカップ開催国が早々に敗退してしまうと、大会の盛り上がりが欠けてしまうということもあり、FIFAから通達があるのかは知りませんが、審判は開催国ヒイキの判定をしているように思います。

昨日のフランス戦のグルキュフの退場もそんな感じでした。

昨日の試合、フランスは勝ってはいけない雰囲気の中で戦うことになり、内紛もあり負けてしまいました。
フランス代表を応援する僕としては、1994年アメリカ大会、2002年日本・韓国大会とともにショックな大会でした。


ところでタイトルの史上最悪のワールドカップですが、これはワールドカップ開催国と対戦したある2チームにとって、まさしく史上最悪のワールドカップでした。

そのチームとは、
Twitter(ツイッター)でつぶやくことで、ワールドカップ観戦チケットが当たるというニュースが、マイコミジャーナルで紹介されていました。

ワールドカップを生で観戦したい!

でもそんな余裕はない
でも懸賞なら、タダということで応募することにしました。

詳細はこちら↓
2022年FIFAワールドカップ日本招致委員会の公式サイトDREAM2022にこんなニュースが載っていました。

招致ブック提出後記者説明会にて2022年FIFAワールドカップの大会構想を発表

5月17日午後1時より、2022年FIFAワールドカップ™の大会構想に関する記者説明会を、日本サッカーミュージアムで開催しました。
FIFAに加盟する208の国と地域すべてに笑顔を届けるコンセプト「208 Smiles」を実現させるサッカーコンテンツやファンフェスト、そして次世代教育について、コンセプト映像とともに説明をしました。

招致委員会ヒューマニティー&テクノロジー部会長である、慶應義塾大学環境学部長・村井純教授は、「人に対する信頼性、クオリティの高さにおいて、日本は最高のものを持っています。提案しているサッカーコンテンツは、夢に満ちていてまるでSF映画のようと言われますが、研究はすでに終わっており、その完成度において、自信をもって提案できるものです」とコメントしました。

2002年の恩返しとして、世界と共催するワールドカップ。
「日本の提案は、ユニークな提案であるとFIFAでも言われました。これをオフィシャルなスタートとし、FIFA理事にも指示を得られるように、直接説明していきたい」と犬飼基昭委員長も今後の招致活動に向け、抱負を述べました。

招致ブックには、2022年FIFAワールドカップ™を日本で開催するための大会構想や提案スタジアム、日本や開催地情報など招致活動のすべてが詰まっています。



日本は、当初2018年と2022年ともにワールドカップの開催国を目指していましたが、先週から2022年1本に絞って誘致しています。

今年の12月2日にFIFAの理事会で開催国が正式決定されるまで、水面下で色々なことが行われていくのか・・・


招致ブックでは、最先端テクノロジーによるサッカーコンテンツの革新の中で、
音力発電システムというものが紹介されていました。
振動発電とともに、音でも発電できるというものでしょうか。
仕事柄、とても興味があります。

音力発電システムとは
スタンド内に音力発電システムを配備、観客の歓声や足を踏み鳴らす音により発電し、屋根等に設置された太陽光発電と合わせ、スタジアムで消費する電力のすべてを賄う。



ちなみに立候補したライバルは、

2018年と2022年の開催を目指す

 スペイン・ポルトガル(共催予定)
 オランダ・ベルギー(共催予定)
 イングランド
 ロシア
 米国
 オーストラリア


2022年に絞った
 韓国
 カタール


12月2日まで、今後どうなっていくのかとても興味があります
【ワールドカップ全記録2010年版】という本を見つけました。
まだ買っていません。

調べたところによると、本の内容は、

・1930年の第1回ウルグアイ大会から2006年の第18回ドイツ大会までの膨大な記録
 (本大会の全試合(708試合)の詳細、予選5635試合の全結果を収録)
・2010年に開催される第19回南アフリカ大会予選記録や本大会出場チームデータ
・伝説的な選手から、最近の有名な選手の活躍内容やエピソード


が含まれているようです。

ワールドカップ観戦必携の完全データブック

欲しい

2ヶ月前、ゆうちょ銀行でワールドカップの懸賞をやっていました。

懸賞の賞品は、

  特賞 ワールドカップ観戦チケット 20組40名
の他に

 オリジナルツアーバッグが240名
 オリジナルタオルが23720名


合計24000名に当選するというものでした。
そして今日、一つの連絡がありました。

  特賞 ワールドカップ観戦チケットが20組40名が当選しました
まもなく開幕するワールドカップ南アフリカ大会に向けて、YAHOOニュースにこんな記事が載っていました。


日本代表23人、5月10日に発表

日本サッカー協会は22日、6月11日に開幕するワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に臨む日本代表23人を、5月10日午後2時から東京都内のホテルで発表すると公表した。強化合宿は当初予定していた集合日を1日早めて、5月21日からスタートする。

 国際サッカー連盟(FIFA)には5月11日までに30人を予備登録する必要があり、FIFAが即座に公表する可能性もあることから、前日の10日を発表日に決めた。残り7人は5月12日に公表する。ただし、7人全員が「サポート役」として帯同する選手に選ばれるとは限らず、代表チーム帯同選手は、後日改めて発表する。

 正式登録の23人は6月1日までにFIFAへ届け出るが、けが人が出た場合は、日本は初戦のカメルーン戦(6月14日)の24時間前までは入れ替えが可能となる。その場合、予備登録以外からも差し替えられる。



FIFAへの登録が5月11日ということは、他の国も同じように5月10日前後に正式発表をされるということでしょうか。

ゴールデンウィーク明けはワールドカップ関係の記事を書くのに忙しくなりそうです。
って自分の趣味のようなものですけどね。

日本代表には誰が選ばれるのでしょう?
予想してみようかな・・・
今日、ワールドカップ南アフリカ大会の本を買いました。
本屋で色々出ているワールドカップ特集の本の中で、僕が選んだのはこの本。

週刊サッカーマガジン増刊 南アフリカワールドカップ32カ国パーフェクト名鑑 2010年 5/15号 [雑誌]週刊サッカーマガジン増刊 南アフリカワールドカップ32カ国パーフェクト名鑑 2010年 5/15号 [雑誌]
(2010/04/03)
不明

商品詳細を見る


まだ各国の正式メンバーは発表されていないが、それまで買うのを我慢できなかった。

最近、イタリア・イングランド・スペインなどのヨーロッパの主要リーグですら、情報をあまり得ていない。
昔は毎週買っていたサッカーダイジェストも、もう10年くらい買っていないだろうか・・・


今回の大会は、不景気のおかげ(?)で仕事はそれほど忙しくないようなので、どっぷりワールドカップモードに入れるように、このワールドカップ選手名鑑で予習をするよしよう。


正式メンバーの発表はいつなんでしょう?
2月の初旬に【ワールドカップ南アフリカ大会の観戦チケットを懸賞でゲットに挑戦】という記事を書きました。

ADIDAS、SONY、ゆうちょ銀行でワールドカップの観戦ツアーの懸賞がありました。

ワールドカップを見に行きたくて、僕は懸賞に応募しました。


そして昨日、その中のゆうちょ銀行から郵便が届きました。

つまり、当選したのです

当選したものは何かと言うと、
このブログをワールドカップ南アフリカ大会モードへ随時変更している。
今日は記事の上の部分に、ワールドカップに関する雑学的な記録の記事を載せた。
先日は、ワールドカップのDVDや雑誌などのスポンサーサイトも貼り付けた。

今度は何しようかと思い、以前にやっていたブログから2006年のワールドカップドイツ大会の記事を引越すことにした。

今さらですが、復習も兼ねて・・・
前回大会に出場したメンバーが今大会では何人出てくるのかな?


ワールドカップまであと66日です。
アクエリアスVISAに引続き、SONYのサイトでもワールドカップ南アフリカ大会の観戦ツアーの懸賞があったので、応募してみました。

探してみると、ワールドカップ南アフリカ大会の観戦ツアーの懸賞ってあるもんです。


SONY JAPAN SURPRISE 世界は驚きを待っているキャンペーン


賞品の当選者は、4組8名。
ツアーは準決勝戦を観戦する3泊6日の旅のようです。

早速応募しました。

当たりますように


これまでワールドカップ南アフリカ大会の観戦ツアーの懸賞には、6つくらい応募している。

 全部当たったら、どうしよう?

そんな心配する必要ないか・・・


当たったら、もちろん記事にしますよ!
前の記事のアクエリアスのサイトでのワールドカップ南アフリカ大会観戦ツアーの懸賞(詳細はこちら)に引続き、VISAのサイトで懸賞に応募しました。

 VISA 2010FIFAワールドカップ南アフリカ応援ツアーご招待


懸賞の賞品は、

 日本代表vsカメルーン代表観戦コース
 (2010年6月12日~18日)

 日本代表vsオランダ代表観戦コース
 (2010年6月17日~23日)

 決勝戦観戦コース
 (2010年7月9日~14日)


の3種類。
日本代表戦は4組8名、決勝戦は2組4名の当選者らしい。

 決勝戦が見たい

思い起こせば12年前に新婚旅行でフランス大会の決勝戦を見て、16年前にアメリカ大会で決勝戦を見た。
その後はテレビ観戦ばかり

注意事項に、※ご応募はお1人様につき、1回限りとさせていただきます。 と書いてある。
これは嫁さんにも応募してもらわないと・・・
チャンスは多いほど良い。


当たりますように


『本当に当たったら仕事どうするの』って嫁さんに聞かれそうだが、そんなの当然ワールドカップが最優先だよ!
ワールドカップ南アフリカ大会を現地で観戦するために、また懸賞に応募しました。
応募先は、アクエリアスのサイトです。

先日、どなたかのコメントを見て、アクエリアスのサイトでも懸賞があることを知り、早速やってみました。

 アクエリアスでオンリーワンを手に入れろ! 2010 FIFA WORLD CUP 南アフリカ 日本戦観戦ツアー

観戦する試合は、

 日本代表 vs デンマーク代表
 
 ブラジル代表 vs ポルトガル代表


の2試合のようです。


当たりますように
ワールドカップ開幕まであと76日。

仕事もようやく落ち着きつつある。
そろそろ頭の中はワールドカップモードに移行して行きたいと思う。

雑誌を買って、ちょっと勉強するかな・・・
それと全試合見るために、スカパーに入るか・・・(嫁の反対は必死)



このブログでは、ワールドカップの雑学・記録集というカテゴリでワールドカップについて書いている。


ワールドカップ出場回数ランキング(国)
ワールドカップ優勝回数ランキング
ワールドカップ通算出場試合数ランキング
ワールドカップの通算得点ランキング
ワールドカップの歴代得点王


記事を書きつつ、頭をワールドカップモードにしていこうかなと思います。
コンビニエンスストアのファミリーマートがサッカーのワールドカップのキャンペーンを行うみたいです。
ファミリーマートのホームページのニュースリリースに載っていました。


2010FIFAワールドカップ全力応援!キャンペーン
3月23日(火)~4月19日(月)まで展開



6月に開催が予定されているFIFAワールドカップ南アフリカ大会にさきがけて、コカ・コーラが贈るオリジナル記念グッズが当たるキャンペーンを3月23日(火)から4月19日(月)までの4週間、全国のファミリーマート店舗約7,700店舗にて実施いたします。

■2010年6月、「FIFAワールドカップ」の開催に合わせてキャンペーンを実施!
 今年6月、4年に1度サッカー世界一を決定する「FIFAワールドカップ」が開催されます。本大会に向けての日本代表の試合が増加し始める時期に合わせて、FIFAワールドカップのオフィシャルパートナーであるコカ・コーラ社がキャンペーンを展開いたします。

■「FIFAワールドカップ」にちなんだオリジナル記念グッズが当たる!
 対象商品(※詳細別紙)を買うとレシートに出現する応募コードを使って、携帯キャンペーンサイトより応募いただくと、抽選でオリジナル記念グッズ「ヒストリカルボールデザイン モニュメントクロック」や「出場国ピンズコレクション」が当たるキャンペーンを実施いたします。また、当選にもれた方の中で、応募の際に入力した「優勝国」と「決勝戦のスコア(得点結果)」の予想が的中した方全員に「出場国名入り ジャンボタオル」が当たります。

■キャンペーン期間中、対象商品を特別価格で販売!
 対象のコカ・コーラ社製品が3月23日(火)から4月19日(月)までのキャンペーン期間中、特別価格で販売されます。
(※対象商品別紙参照)

 ファミリーマートは、“あなたと、コンビに、ファミリーマート”のスローガンのもと、あらゆる年代のお客さまとの家族のようなお付き合いを通して、気軽にこころの豊かさを感じていただけるコンビニエンスストアを目指し、“ファミリーマートらしさ”を追求してまいります。


以上

【キャンペーン概要】
<期間>
2010年3月23日(火)~4月19日(月) 4週間

<応募方法>
●チャンス1
対象商品を1商品以上お買い上げのレシートに応募コード1口分を印字いたします。
キャンペーンサイトにアクセスし、応募コードを入力。希望のコースを選択、後日抽選でたります。
※1回のお買物で複数の対象商品を購入されてもシステム上、応募コード1口分となります。
●チャンス2
チャンス1でコースを選択した後、「優勝国」と「決勝戦のスコア(得点結果)」を予想して応募。
チャンス1でハズレた方の中で予想が的中した方全員に景品が当たります。

<賞品>
●チャンス1
Aコース:「ヒストリカルボールデザイン モニュメントクロック」 1005名様
 ※日本代表が出場した1998年フランス大会から今大会までの公式球をデザインした置時計です。
Bコース:「出場国ピンズコレクション」            1005名様
     ※出場32カ国の国旗をデザインした、オリジナルのピンズを額に収めました。
●チャンス2
予想的中者全員:「出場国名入り ジャンボタオル」 ※出場32カ国の国名がプリントされたタオルです。




残念ながら、観戦ツアーはないようです。

懸賞で観戦ツアーがあったら、是非応募しようと思ったのに・・・>


出場国ピンズコレクション狙ってみようかな・・・
サッカーのワールドカップ南アフリカ大会まで100日を切りました。

今現在(3/4 0時16分)の残り時間は、99日と6時間44分
FIFAのワールドカップ公式サイトに載っていました。


開幕戦の南アフリカ共和国vsメキシコ戦は、南アフリカ現地時間の2010年6月11日16時に行われる。

日本と南アフリカの時差が-7時間ということで、日本時間では23時に開幕戦がある。


ワールドカップ南アフリカ大会の試合は、現地時間【日本時間】

 ①13時30分 【20時30分】
 ②16時 【23時】
 ③20時30分 【3時30分】


3つの時間帯で行われる。

③の日本時間の深夜3時30分開始の試合はちょっとキツそうだが、全試合生で見る勢いで頑張るぞ。
その前に、全試合観戦できるように準備しなきゃ・・・


まずは前の記事で書いたワールドカップの全大会DVD-BOXを買って、予習するかな・・・
【FIFAワールドカップのすべてがわかる! - 全18大会を完全収録したDVDが発売】というニュースがマイコミジャーナルというサイトの記事で載っていました。

【FIFAワールドカップのすべてがわかる! - 全18大会を完全収録したDVDが発売】

FIFAワールドカップ76年分の記録を集約した『FIFAワールドカップコレクション コンプリートDVD-BOX 1930 - 2006』(DVD15枚組み)が4月23日、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントより発売される。価格は39,800円。


『FIFAワールドカップコレクション コンプリートDVD-BOX 1930-2006 (15 枚組)』39,800円

2010年6月11日に開幕する「FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会」に合わせて発売される本製品。第1回大会(1930年)から第18回大会(2006年)まで、過去76年間で行われた全大会分の、FIFAが制作したオフィシャル映像"Official Film"を収めた映像集となっている(ただし、2006年ドイツ大会分のみOfficial Filmを元に新たに制作)。Official FilmのDVD化は、日本では初となるという。

また、映像特典として、各ディスクには10ゴールずつ、合計150にも及ぶベストゴール集「トップゴール」を収録。そのほか、名選手30人のバイオグラフィー(ディスク1枚につき2人ずつ)も入っているなど、サッカーファン垂涎の豪華な内容となっている。

なお、同製品は、5枚組みセットの『FIFA ワールドカップコレクション DVD-BOX』(3種 / 各13,800円)と、1枚毎に購入できる『FIFA ワールドカップコレクション』(15種 / 各2,900円)も用意されている。



欲しい!買いたい!




上段の左が、全18大会分の15本セット。

真ん中が、1990年イタリア大会から2006年ドイツ大会までの5大会分の5本セット。

右が、1970年メキシコ大会から1986年メキシコ大会までの5大会分5本セット。


下段が、1930年ウルグアイ大会から1966年イングランド大会までの8大会分5本セット。



特に思い入れの多い、1990年イタリア大会、1994年アメリカ大会、1998年フランス大会、2002年日本・韓国大会、2006年ドイツ大会の5本セットが欲しい!

お金貯めて買うかな・・・
またワールドカップを生で見たい。

1994年のアメリカ大会と1998年のフランス大会、2回連続で決勝戦を見た。
アメリカ大会は、大学4年の時、就職活動をやめてひたすらバイトして。
フランス大会は、今の嫁さんとの新婚旅行で。


2002年の日本・韓国大会は、チケットに応募するが当たらず、新潟スタジアム(ビッグスワン)まで行くものの、ダフ屋との交渉がうまく行かず(高すぎた)、パブリックビューイングでの観戦となった。

2006年のドイツ大会は、テレビ観戦もままならないような状況だった。


今年の2010年のワールドカップ南アフリカ大会は、今の見通しで行くと仕事もそれほど忙しくなく、観戦にこうと思えば行けそうだ。

でもお金がない

嫁に観に行きたいんだけどと言えば、帰ってくる言葉は、

 何寝ぼけたこと言っているの?

と帰ってくるのがオチだ。

 12年前は喜んでついてきたのに・・・



ということで、運に任せることにしました。

ワールドカップを懸賞で当てて行く

ということで、ワールドカップの観戦チケットが当たる懸賞サイトを調べて、まとめてみました。




まず一つ目は、ADIDAS

「1億2000万人参戦キャンペーン! -南ア行きのチケットを手に入れろ。」

この懸賞では、「南アフリカで参戦賞」として、

 日本対デンマーク戦 もしくは 日本対オランダ戦

の応援ツアーに合計10組20名を招待する。
デンマーク戦はアディダスで、オランダ戦はソニーのサイトからの申込みとなる。
また「自宅で参戦賞」として、ソニーの液晶テレビ「ブラビア」40V型を抽選で10名にプレゼントする。
というもの。

無料携帯サイトからオリジナルアバターを登録して応募するという方法で、ちょっと面倒だったが通勤途中で登録してみました。

応募期間は2010年3月28日まで。


二つ目は、SONY

 SONY×FOOTBALL">世界を動かせ SONY×FOOTBALL

どうやらアディダスとソニーで共同でこの懸賞を企画しているようです。

 日本対デンマーク戦 もしくは 日本対オランダ戦

の日本代表戦応援ツアーに合計10組20名を招待する。
と書いてあるが、デンマーク戦はアディダスのサイトへのリンクが貼られています。

またソニーピッチフォトグラファーという別の懸賞もあり、2組4名と少ないですが、ピッチの近くで撮影できるツアーの募集もある。

早速、両方申し込んでみた。
ちなみにこちらはクイズに答えて、必要事項を記入すると言う簡単な応募方法です。

応募期間は2010年3月28日まで。



3つ目は、ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行のワールドカップ観戦懸賞 夢をつかもう

この懸賞は、
 特賞としてワールドカップ観戦チケットが20組40名
 オリジナルツアーバッグが240名
 オリジナルタオルが23720名
に当たるというもの。 

応募期間は2010年2月28日まで。


とりあえず3つのサイトを探しました。
他にもあるのか・・・

以前にバドワイザーなども懸賞をやっていたようだが、もう終わっている。

この記事を読んだ方で、他でもワールドカップ観戦ツアーの懸賞をやっている情報を知っている人がいたら、是非教えて下さい。


当たりますように
今から15年前、1994年のワールドカップアメリカ大会の決勝戦を見に行きました。
その時の観戦写真を元に記事を書いてみました。


灼熱のローズボールスタジアムでのブラジルとイタリアの決勝戦は史上初のPKにより勝敗を決めることに。

イタリアの先行でPK戦は始まった。

イタリアの一人目は、バレージ。
1994年ワールドカップ決勝戦のPK(バレージ)

ゴール左上にふかしてしまう。


ブラジル一人目は、マルシオ・サントス。

1994年ワールドカップ決勝戦のPK(マルシオ・サントス)

イタリアのゴールキーパーのパリュウカに止められる。


つづいてイタリア二人目は、アルベルティーニ。

ワールドカップ南アフリカ大会本大会の組合せが決まりました。

日本代表はグループEとなり、第2ポットに入っていた日本代表は、

第1ポットの南アフリカ、ブラジル、スペイン、オランダ、イタリア、ドイツ、アルゼンチン、イングランドの中からオランダ
第3ポットのアルジェリア、カメルーン、コートジボワール、ガーナ、ナイジェリア、チリ、パラグアイ、ウルグアイの中からカメルーン
第4ポットのデンマーク、フランス、ギリシャ、ポルトガル、セルビア、スロバキア、スロベニア、スイスの中からデンマーク

と同じ組になりました。

個人的な理想系は、第1ポットは南アフリカ、第2ポットはウルグアイもしくはチリ、第3ポットはギリシャ・スロバキア・スロベニア・スイスのいずれかでしたが、どれも入りませんでした。


第3ポットは南米とアフリカからカメルーン。
アフリカの身体能力にどれだけついていけるかと、日本の組織力が機能することがカギとなる。
エトーのような万能フォワードにスペースを与えないタイトなマークと、組織力の薄いところを付くショートパス主体の攻撃で勝利を勝ち取って欲しい。

第4ポットはヨーロッパの中からデンマーク。
ヨーロッパ予選では、ポルトガル、ハンガリー、スウェーデンなどと競り合い勝ちぬけてきたチーム。
派手さはないが、安定したチームだ。
高さにどう対応していくかがカギとなりそうだ。

第1ポットはシード国のオランダ。
頑張るしかない。
この前の親善試合では、日本のよい攻撃も見られたが、0-3の完敗。
決定力、高さ、個人能力などすべてが格上。
でも一発勝負なので、どうなるかは分からない。
とにかく頑張って欲しい。



本大会の日程は、

6月14日(16:00~)カメルーン戦 [マンガウン/ブルームフォンテーン] 
6月19日(16:00~)オランダ戦 [ダーバン]
6月24日(20:30~)デンマーク戦 [ルステンブルク]


ちなみに日本と南アフリカの時差は-7時間。
カメルーン戦とオランダ戦は日本時間では9時開始、デンマーク戦は13時30分開始となるようだ。
深夜の寝不足にはならなくてすみそうだが、仕事は休むかな・・・


いずれにしても初戦のカメルーン戦は絶対に勝たなければいけない試合。
ここに向けて、今後の選手選考などもこれからは気になるところだ。


日本の対戦相手決定へ W杯組み合わせ抽選

サッカーの2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の1次リーグ組み合わせ抽選会が4日午後7時(日本時間5日午前2時)からケープタウンで行われ、日本が対戦する3チームが決定。
 アフリカ初開催となるW杯は来年6月11日に開幕。1次リーグは4チームずつ8組に分かれて争い、上位2チームが決勝トーナメントに進む。決勝は7月11日に行う。
 4大会連続4度目の出場となる日本は、初出場した1998年フランス大会では1次リーグでアルゼンチン、クロアチア、ジャマイカと同組となり、3戦全敗で敗退。2002年日韓大会ではベルギー、ロシア、チュニジアと対戦し、2勝1分けで突破を果たした。06年ドイツ大会はブラジル、オーストラリア、クロアチアと同組だったが、1分け2敗で再び敗退した。
12年前僕が大学4年生の時、アメリカでサッカーのワールドカップが開催された。
サッカーをやっている人なら一度は行ってみたい大会だと思う。
僕は2回見に行った。
その1回目がアメリカ大会。

昨日ワールドカップの日本代表のフォワードについての記事を書いたので、ふと思い出して昔のアルバムを見ていた。
ブログで写真を載せるのはちょっと抵抗があったけど、一度公開してみようかと・・・

昔の事なので、もちろん普通の写真。
それを並べて、デジカメで撮ってみました。

2004-02.jpg


まずは1枚目の写真。

上段に3枚、中段に3枚、下段に2枚写真を並べました。

上段左はブラジル人(一般人)との記念撮影。
上段中はデンマークのサポーター。
上段右はブラジル人とリフティングしている僕です。

中段左は当時アメリカ代表監督のボラ・ミルチノビッチ。
中段中はスウェーデンのサポーター。
中段右は優勝したブラジルのロマーリオがトロフィーを掲げているところ。
     このブログの左上の写真とほぼ同じところです。

下段左は顔が隠してある僕と誰だか分かりますか?
     川平慈英です。(って言っても分からないかな?)
下段右は町の警察と僕。

2004-01.jpg


続いて2枚目の写真。
1枚目に一部かぶっています。

上段に2枚、中段に2枚、下段にチケットと1枚写真のを並べました。

上段左はパノラマ写真で優勝決定後のグランド。
上段中はスウェーデンのサポーター。

中段左はロベルト・バッジョがPKを外した瞬間。
中段右は閉幕のセレモニー。

下段はブラジルサポーターと僕。

最後にチケット。
これを見せたかったのだ。

右から50,51,52という番号がある。
これは試合の順番。
つまり50試合目、51試合目、52試合目ということ。

50試合目が準決勝。

51試合目が3位決定戦。

52試合目が決勝戦。
サッカーのU-20ワールドカップ(ワールドユース選手権)2009エジプト大会で、ガーナ代表がブラジル代表を0-0(PK4-3)という結果で、PK戦の末に勝利して、優勝しました。
(U-20とは20歳以下のという意味です。)

優勝 ガーナ代表
準優勝 ブラジル代表
3位 ハンガリー代表
4位 コスタリカ代表


というベスト4の結果で、アフリカ、南米、ヨーロッパ、北中米の4つの地域からバランスよく出てきました。
アジア地区から出場した韓国とUAEはともにベスト8で、日本代表は予選で敗退していて出場はありませんでした。


主な個人賞などは、

ゴールデンボール賞(最優秀選手) 
 ドミニク・アディアー(ガーナ)ドミニク・アディイアー

シルバーボール賞
 アレックス・テイシェイラ(ブラジル)

ブロンズボール賞
 ジュリアーノ(ブラジル)


ゴールデンシュー賞(得点王:8ゴール)
 ドミニク・アディイアー(ガーナ)

シルバーシュー賞(5ゴール)
 ブラジミール・コマン(ハンガリー)

ブロンズシュー賞(4ゴール)
 アーロン・ニゲス(スペイン)


ゴールデングローブ賞(最優秀GK)
 エステバン・アルバラド(コスタリカ)


フェアプレー賞
 ブラジル代表


ところで優勝したガーナ代表のメンバーで、最優秀選手賞と得点王を獲得したドミニク・アディアーとは誰なんだ?
調べてみました。

1989年11月29日生まれの19歳。
ノルウェーリーグのフレドリクスタというチームに所属している選手で、ポジションはフォワードのようです。

今大会の4試合で8ゴールと驚異的な得点力を持っているので、2007年カナダ大会のアルゼンチン代表セルヒオ・アグエロ、2005年オランダ大会のアルゼンチン代表リオネル・メッシのように今後注目される存在になりそうです。

YouTubeに動画がアップロードされていたので、準決勝戦と決勝戦の動画を貼り付けておきました。
ドミニク・アディアーの得点シーンもあります。



準決勝(ガーナ代表 vs ハンガリー代表) 3-2
得点者
10分 ドミニク・アディアー(ガーナ)
31分 ドミニク・アディアー(ガーナ)
73分 マルコ・フターチュス(ハンガリー)
81分 アベイク・クアンサー(ガーナ)
84分 アダム・バライティ (ハンガリー)
 




決勝戦(ガーナ代表 vs ブラジル代表) 0-0 (PK 4-3)


Template by サッカーが好きなお父さん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。