サッカーが好きなお父さん

卒業した学科と実務経験に悩まされる男

ここでは、「卒業した学科と実務経験に悩まされる男」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
卒業した大学の学科と実務経験に悩まされる男、それはです。

これまで色んな試験を受けてきました。
つい先日、エネルギー管理士(電気)という試験に合格し、

 エネルギー管理士免状交付申請書

というものを書いて、免状をもらおうと思ったが、その申請書の右側に

 エネルギー使用合理化実務従事証明書

という『エネルギーの使用の合理化に関する実務』を記入する欄がある。
今の会社でもらえるのかが不明。

多分もらえない。
設備機器の設計・施工は対象外とどこかに書いてあったような・・・
一度省エネルギーセンターに問い合わせてみよう。



国家試験で僕は、タイトルにあるようにいつも卒業した大学の学科と実務経験に悩まされる。

情報通信系の学科を卒業して、今は建設会社で電気設備・空調設備・給排水衛生設備などの仕事をしている。
その前は電気設備のみの会社。

大概の国家試験には受験資格というものがあり、今までかなり跳ねられてきた。
近いところだと、3年前に2級管工事施工管理技士という試験を申し込んだ。

 実務経験が指定学科ですと足りません

 がーーん

申し込み書を返された。
マジメに申請するのも面倒になって、翌年にその上の1級管工事施工管理技士という試験を受けた。
卒業した学科は変えられないので、実務経験を長くした。

管工事というのは、空調設備や給排水衛生設備に関する資格。

実家が電気屋の僕は、エアコンの取付けの実務経験はあるし、仕事でも換気扇取付けなどの換気設備の実務経験はある。
ということで申し込んだ。

もう建設業界に入って15年近くになるので、実務経験に悩まされることはないと思っていたが、まだあったとは・・・


でもエネルギー管理士の実務経験は、設備機器の維持・保守・管理を行う人のためのもの。
僕の今の立場では不要な資格。


 ではなぜそんな資格を取るのか?


自分に勉強させるためと、将来のため。
何か目標がないとまったく勉強しないと自分でわかっているから・・・


今の会社のままずっと定年まで勤めていれば必要ない資格だけど、いつ気が変わってやめてしまうかもしれない

それと老後の多少の足しになるかもしれないし・・・
関連記事
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/26(土) 09:49 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://footballdaddy.blog44.fc2.com/tb.php/315-3a833788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Template by サッカーが好きなお父さん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。