サッカーが好きなお父さん

ワールドカップ本大会出場の32ヶ国が決定しました!

ここでは、「ワールドカップ本大会出場の32ヶ国が決定しました!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月18日のワールドカップ南アフリカ大会の予選結果で、本大会出場の32ヶ国が決まりました。
各地区の顔ぶれは、

欧州予選 (13チーム)
 オランダ (2大会連続9回目)
 イングランド (4大会連続13回目)
 スペイン (9大会連続13回目)
 ドイツ (15大会連続17回目)
 デンマーク (2大会ぶり4回目)
 セルビア (2大会連続11回目)
 イタリア (13大会連続17回目)
 スイス (2大会連続9回目)
 スロバキア (初出場)
 ポルトガル (3大会連続5回目)
 フランス (4大会連続13回目)
 ギリシャ (4大会ぶり2回目)
 スロベニア (2大会ぶり2回目)


南米予選 (3or4チーム)
 ブラジル (19大会連続19回目)
 パラグアイ (4大会連続8回目)
 チリ (3大会ぶり8回目)
 アルゼンチン (10大会連続15回目)
 ウルグアイ (2大会ぶり11回目)


北中米カリブ海予選 (3or4チーム)
 メキシコ (5大会連続14回目)
 アメリカ (6大会連続9回目)
 ホンジュラス (7大会ぶり2回目)


アジア予選 (4or5チーム)
 日本 (4大会連続4回目)
 オーストラリア (2大会連続3回目)
 韓国 (7大会連続8回目)
 北朝鮮 (11大会ぶり2回目)


アフリカ予選 (6チーム)
 南アフリカ (開催国:2大会ぶり3回目)
 ガーナ (2大会連続2回目)
 コートジボワール (2大会連続2回目)
 ナイジェリア (2大会ぶり4回目)
 カメルーン (2大会ぶり6回目)
 アルジェリア (6大会ぶり3回目)


オセアニア予選 (0or1チーム)
 ニュージーランド (7大会ぶり2回目)


この中で最多出場は、ブラジルの19回。
初出場国は、スロバキア。
(チェコ・スロバキア時代には出場暦あり)

地区予選をまたいだ北中米カリブ海地区と南米地区のプレーオフでは南米のウルグアイが、
アジア地区とオセアニア地区のプレーオフではオセアニアのニュージーランドが出場を決めました。

今回の予選は、順当ば顔ぶれでした。
(フランス代表が危ういところでしたが・・・)


本大会の組合せ抽選会が12月4日に行われるということで、日本代表がどんな組合せに入るのかが注目されます。

開幕は2010年の6月11日ということで、まだ半年以上もある。
待ち遠しい。


出場32チーム決定=強豪ほぼ順当、久々の顔触れも-サッカーW杯

サッカーの2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会予選が18日に全日程を終了し、来年6月11日に開幕する本大会に出場する全32チームが決定した。
 前回の2006年ドイツ大会優勝のイタリア、史上最多の5度の優勝を誇るブラジル、過去3度優勝のドイツなど強豪はほぼ順当に出場権を獲得。前回大会準優勝のフランスはプレーオフで接戦を演じ、マラドーナ監督率いるアルゼンチンも南米予選を4位で通過と、ともに苦しみながら本大会への切符を手にした。
 北朝鮮は、準々決勝に進出した1966年イングランド大会以来11大会ぶり2度目の出場。ニュージーランドとホンジュラスはともに7大会ぶり、アルジェリアは6大会ぶりと、久々の出場となった顔触れも。1次リーグの組み合わせ抽選会は12月4日にケープタウンで行われる。 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://footballdaddy.blog44.fc2.com/tb.php/402-215c5036
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Template by サッカーが好きなお父さん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。