サッカーが好きなお父さん

リオネル・メッシが2009年のバロンドール受賞(バロンドールの雑学)

ここでは、「リオネル・メッシが2009年のバロンドール受賞(バロンドールの雑学)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルゼンチン代表のリオネル・メッシが2009年のバロンドールを受賞した。
昨年(2008年)は2位、一昨年(2007年)は3位だったので、順調に受賞への階段を登ってきたと言う感じです。

サッカーに関するニュースを聞くと、ついつい調べたくなってくる。
ということで、歴代のバロンドール受賞者を調べてみました。

1956年 スタンレー・マシューズ 【イングランド・ ブラックプール】
1957年 アルフレッド・ディ・ステファーノ 【スペイン・ レアル・マドリード】
1958年 レイモン・コパ 【フランス・ レアル・マドリード】
1959年 アルフレッド・ディ・ステファーノ 【スペイン・ レアル・マドリード】
1960年 ルイス・スアレス 【スペイン・ バルセロナ】
1961年 オマール・シボリ 【イタリア・ ユベントス】
1962年 ヨゼフ・マソプスト 【チェコスロバキア・ ドゥクラ・プラハ】
1963年 レフ・ヤシン 【ソ連・ ディナモ・モスクワ】
1964年 デニス・ロー 【スコットランド・ マンチェスター・ユナイテッド】
1965年 エウゼビオ 【ポルトガル・ ベンフィカ】
1966年 ボビー・チャールトン 【イングランド・ マンチェスター・ユナイテッド】
1967年 フロリアン・アルベルト 【ハンガリー・ フェレンツヴァーロシュ】
1968年 ジョージ・ベスト 【北アイルランド・ マンチェスター・ユナイテッド】
1969年 ジャンニ・リベラ 【イタリア・ ACミラン】
1970年 ゲルト・ミュラー 【旧西ドイツ・ バイエルン・ミュンヘン】
1971年 ヨハン・クライフ 【オランダ・ アヤックス】
1972年 フランツ・ベッケンバウアー 【旧西ドイツ・ バイエルン・ミュンヘン】
1973年 ヨハン・クライフ 【オランダ・ アヤックス】
1974年 ヨハン・クライフ 【オランダ・ アヤックス】
1975年 オレグ・ブロヒン 【ソ連・ ディナモ・キエフ】
1976年 フランツ・ベッケンバウアー 【旧西ドイツ・ バイエルン・ミュンヘン】
1977年 アラン・シモンセン 【デンマーク・ ボルシア・メンヘングラッドバッハ】
1978年 ケビン・キーガン 【イングランド・ ハンブルガーSV】
1979年 ケビン・キーガン 【イングランド・ ハンブルガーSV】
1980年 カール・ハインツ・ルンメニゲ 【旧西ドイツ・ バイエルン・ミュンヘン】
1981年 カール・ハインツ・ルンメニゲ 【旧西ドイツ・ バイエルン・ミュンヘン】
1982年 パオロ・ロッシ 【イタリア・ ユベントス】
1983年 ミシェル・プラティニ 【フランス・ ユベントス】
1984年 ミシェル・プラティニ 【フランス・ ユベントス】
1985年 ミシェル・プラティニ 【フランス・ ユベントス】
1986年 イーゴル・ベラノフ 【旧ソ連・ ディナモ・キエフ】
1987年 ルート・フリット 【オランダ・ ACミラン】
1988年 マルコ・ファンバステン 【オランダ・ ACミラン】
1989年 マルコ・ファンバステン 【オランダ・ ACミラン】
1990年 ローター・マテウス 【ドイツ・ インテル】
1991年 ジャン・ピエール・パパン 【フランス・ マルセイユ】
1992年 マルコ・ファンバステン 【オランダ・ ACミラン】
1993年 ロベルト・バッジョ 【イタリア・ ユベントス】
1994年 フリスト・ストイチコフ 【ブルガリア・ バルセロナ】
1995年 ジョージ・ウェア 【リベリア・ ACミラン】
1996年 マティアス・ザマー 【ドイツ・ ボルシア・ドルトムント】
1997年 ロナウド 【ブラジル・ バルセロナ】
1998年 ジネディーヌ・ジダン 【フランス・ ユベントス】
1999年 リバウド 【ブラジル・ バルセロナ】
2000年 ルイス・フィーゴ 【ポルトガル・ レアル・マドリード】
2001年 マイケル・オーウェン 【イングランド・ リバプール】
2002年 ロナウド 【ブラジル・ レアル・マドリード】
2003年 パヴェル・ネドヴェド 【チェコ・ ユベントス】
2004年 シェフチェンコ 【ウクライナ・ ACミラン】
2005年 ロナウジーニョ 【ブラジル・ バルセロナ】
2006年 ファビオ・カンナバーロ 【イタリア・ レアル・マドリード】
2007年 カカ 【ブラジル・ ACミラン】
2008年 クリスチアーノ・ロナウド 【ポルトガル・ マンチェスター・ユナイテッド】



ちなみにバロンドールについて、雑学的なことを書くと、フランス語であるバロンドールとは黄金の球の意味です。


最多受賞者は、オランダ代表のヨハン・クライフとマルコ・ファンバステン、フランス代表のミシェル・プラティニが3回で並んでいます。


国別で言うと、受賞回数のランキングは

 1位 オランダ・ドイツ 7回
 2位 フランス 6回
 3位 イングランド・イタリア・ブラジル 5回



クラブチームのランキングは、

 1位 ユベントス・ACミラン 8回
 2位 レアルマドリード・バルセロナ 6回
 3位 アヤックス 5回


となるようです。



もともとヨーロッパの国籍を持つ選手から最優秀選手を選考するものでしたが、
1995年から国籍を問わずUEFA(ヨーロッパサッカー連盟)に所属するクラブチームの選手まで枠が広がり、
2007年からは全世界の選手が対象になりました。


おまけでW杯開催の前年度にバロンドール受賞者を輩出した国は優勝できないというジンクスがあるようです。
ということは、2010年のワールドカップ南アフリカ大会でアルゼンチン代表は優勝できないのか・・・



メッシがバロンドール初受賞

サッカー専門誌フランス・フットボール選定の2009年世界最優秀選手賞「バロンドール」(黄金のボールの意)にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(22)が初選出され、1日発表された。同国選手の受賞は初。

 メッシは少年時代にスペインへ渡り、バルセロナの下部組織からトップチームに上がった。昨季は欧州チャンピオンズリーグ(CL)で決勝の1点を含む9ゴールを挙げて得点王に輝くなど、スペイン1部リーグ、国王杯と合わせた3冠達成の原動力となった。

 同賞は1956年に欧州年間最優秀選手賞として創設された。現在は全世界の選手を対象に、世界中の専門記者の投票で決定される。メッシは最高点に近い473点を獲得し、昨季受賞で次点のポルトガル代表FWロナルドに過去最大の240ポイント差をつけた。

 ▼メッシの話 バロンドールはわたしにとって非常に光栄なこと。偉大な選手たちが獲得してきたものだから。来年も同じレベルのプレーができることを願っている。 (共同)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://footballdaddy.blog44.fc2.com/tb.php/417-fe22d74d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Template by サッカーが好きなお父さん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。