サッカーが好きなお父さん

少年サッカーコーチをしてきました(その2)

ここでは、「少年サッカーコーチをしてきました(その2)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昼間に自分のサッカーの試合を終えて、また少年サッカーを指導するため小学校に戻ってきました。

昼からのチーム練習では引き続き、ダイレクトプレーなどの基本練習をしました。
インサイドボレー、インステップボレー、ヘディング、スローイン、トラップ練習。


インサイドボレーもインステップボレーは、蹴り足の固定とともに、軸足が大事。
特に利き足でない方でやる時が顕著だが、できない子は軸足が良くない。

あくまで軸足のつま先の向きが蹴る方向に向ける。

インサイドキックはがに股気味にして蹴らないと、軸足がぶれる。
そうすると正確なキックができない。


ヘディングでは、ボールを最後まで見ていなくて、頭の天辺に当たる子がチラホラ。
怖がっているから、変なところに当たり、ボールがちゃんと飛ばない。

これも指導。
まだ3・4年生は基本ができない子が半分くらい。

これで試合に臨めるのか・・・



その後は大きいコート試合、小さいコートでミニゲームをやりました。


まずは4年生の2チームで大きなコートで試合を行った。

大きいコートで試合をやると、普段やっている小さいコートでやっている弊害が出る。
それは両サイドの広さを使えていないこと。

実際の大会では、大きなコートで試合をする。
コートを大きく使って欲しいと思っているが、練習は小さなコートでしかやれていないので、無理な話か。

これは実際の試合中に指示していかなくてはならないかな。
次にミニゲームをやった
ミニゲームでは、基本的に自由にやらせた。

指示をしたのは、攻めている時のディフェンスラインの押し上げ、守っている時のフォワードのポジショニング、ミッドフィールダーのポジショニングなど、それぞれが状況によりどこにいるべきかというもの。


ゲームの練習を見ていた野球コーチに言われた。

 「ホワイト(僕が担当するチーム)はブラックに比べて、試合が作れていませんね」

これは僕のチーム、ホワイトの悩みのひとつ。

 サイドのミッドフィールダーの適任者がいない

ブラックは両サイドのミッドフィールダーにポジションに適した選手がいるのに対して、うちは迷走中。
今日のミニゲームでも、フォワードとディフェンダーの子をミッドフィールダーに変えて適正を見てみたけど、イマイチ。
能力はあるが、ディフェンダー希望の子はミッドフィールダーをやらせると下がりすぎる。

攻撃の核となるミッドフィールダー1人とフォワード1人の単調な攻撃に終始してしまう。

これを次回の練習でどう解決するか・・・


最後に4年生の選抜チームと、5年生の試合をやった

結果は、0-1の負け

試合では、中央突破ばかりで両サイドを生かせていない。
個々の能力では劣らないが・・・
小さな局面での突破ばかりで、つぶされていた。

来年になったら、4年生はこれまでの8人制のサッカーから普通の11人制のサッカーになる。
そうなったら、またそういうところを教えていくべきだなと思った。


と言う感じで今日は一日サッカー漬けの日が終わった。
とても疲れました
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://footballdaddy.blog44.fc2.com/tb.php/470-c4651cfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Template by サッカーが好きなお父さん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。