サッカーが好きなお父さん

2006年ワールドカップドイツ大会のイングランド代表メンバー

ここでは、「2006年ワールドカップドイツ大会のイングランド代表メンバー」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドカップに出場する代表チームの紹介。

ワールドカップ2006ドイツ大会のイングランド代表のメンバーはこのようになりました。

ポジション、背番号、名前、【所属クラブチーム】、【クラブチームの国名】の紹介です。


GK  1  ポール・ロビンソン   【トッテナム・ホットスパー】   【イングランド】
GK  13  デビッド・ジェームス   【マンチェスター・シティ】   【イングランド】
GK  22  ロバート・グリーン   【ノーリッジ・シティ】   【イングランド】


DF  2  ギャリー・ネビル   【マンチェスター・ユナイテッド】   【イングランド】
DF  3  アシュリー・コール   【アーセナル】   【イングランド】
DF  5  リオ・ファーディナンド   【マンチェスター・ユナイテッド】   【イングランド】
DF  6  ジョン・テリー   【チェルシー】   【イングランド】
DF  12  ソル・キャンベル   【アーセナル】   【イングランド】
DF  14  ウェイン・ブリッジ   【チェルシー】   【イングランド】
DF  15  ジェイミー・キャラガー   【リバプール】   【イングランド】


MF  4  スティーブン・ジェラード   【リバプール】   【イングランド】
MF  7  デビッド・ベッカム   【レアル・マドリード】   【スペイン】
MF  8  フランク・ランパード   【チェルシー】   【イングランド】
MF  11  ジョー・コール   【チェルシー】   【イングランド】
MF  16  オーウェン・ハーグリーブス   【バイエルン・ミュンヘン】   【ドイツ】
MF  17  ジャーメイン・ジェナス   【トッテナム・ホットスパー】   【イングランド】
MF  18  マイケル・キャリック   【トッテナム・ホットスパー】   【イングランド】
MF  19  アーロン・レノン   【トッテナム・ホットスパー】   【イングランド】
MF  20  スチュワート・ダウニング   【ミドルスブラ】   【イングランド】


FW  9  ウェイン・ルーニー   【マンチェスター・ユナイテッド】   【イングランド】
FW  10  マイケル・オーウェン   【ニューカッスル・ユナイテッド】   【イングランド】
FW  21  ピーター・クラウチ   【リバプール】   【イングランド】
FW  23  テオ・ウォルコット   【アーセナル】   【イングランド】


今回のイングランドは僕の予想の中では優勝候補です。
ただひとつブラジルという例外を除いては。

今回の代表チームの各ポジションにすばらしい選手がいる。

特に中盤のジェラード、ランパード、ベッカム、ジョー・コールの4人はスゴイと思う。

その中でもジェラードにはかなり注目している。
本大会でもあのキャノンシュートを見たい。

ただオーウェンの負傷はかなり痛い。
クラウチが代役になるのだろうか?
それとも17歳のウォルコットという選手が代役になるのだろうか?
それにしても17歳でいきなりワールドカップってのもスゴイ話だ。

そういやブラジルのロナウドも17歳の時に、1994年のアメリカ大会のメンバーだったなぁ。
そして優勝。
そのゲンを担いで、エリクソンのウォルコット採用?
ちょっとでも出場させて欲しいものです。

※4年前に書いた記事の引越しです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://footballdaddy.blog44.fc2.com/tb.php/559-cccf263e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Template by サッカーが好きなお父さん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。