サッカーが好きなお父さん

2010年南アフリカ大会には、監督として参加するアルゼンチンの英雄、ディエゴ・マラドーナ。1986年大会で母国に2度目の栄冠をもたらしたマラドーナが、”神の手”と”5人抜き”の2つの伝説を残した準々決勝の対戦相手は?

ここでは、「2010年南アフリカ大会には、監督として参加するアルゼンチンの英雄、ディエゴ・マラドーナ。1986年大会で母国に2度目の栄冠をもたらしたマラドーナが、”神の手”と”5人抜き”の2つの伝説を残した準々決勝の対戦相手は? 」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コカコーラFIFAワールドカップサポーターズパークの第3回クイズ選手権の第2弾、第8問の答えを記事にします。

2010年南アフリカ大会には、監督として参加するアルゼンチンの英雄、ディエゴ・マラドーナ。1986年大会で母国に2度目の栄冠をもたらしたマラドーナが、”神の手”と”5人抜き”の2つの伝説を残した準々決勝の対戦相手は?


西ドイツ  イングランド  オランダ  ベルギー
の4択です。

正解は、
イングランド


1986年6月22日にメキシコのアステカ・スタジアムで行われた準々決勝のイングランド戦で、マラドーナは”神の手”と”5人抜き”をやりました。

試合はマラドーナの2得点で、

 アルゼンチン 2-1 イングランド

でアルゼンチンが勝ちました。
ちなみにこの試合のイングランドの1得点は、名古屋グランパスエイトにも選手としていたゲイリー・リネカーの得点で、その得点で得点王を決めました。

アルゼンチンはその後、準決勝でベルギーを、決勝戦でドイツを破り、アルゼンチンが1986年メキシコ大会を制しました。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://footballdaddy.blog44.fc2.com/tb.php/813-1d9531b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Template by サッカーが好きなお父さん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。