サッカーが好きなお父さん

1998年フランス大会で、初出場の日本の最初の対戦相手となったアルゼンチン。1-0でアルゼンチンが勝利しているが、そのゴールを挙げたのは?

ここでは、「1998年フランス大会で、初出場の日本の最初の対戦相手となったアルゼンチン。1-0でアルゼンチンが勝利しているが、そのゴールを挙げたのは? 」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コカコーラFIFAワールドカップサポーターズパークの第3回クイズ選手権の第2弾、第9問の答えを記事にします。

1998年フランス大会で、初出場の日本の最初の対戦相手となったアルゼンチン。1-0でアルゼンチンが勝利しているが、そのゴールを挙げたのは?


ガブリエル・バティストゥータ  アリエル・オルテガ  クラウディオ・ロペス  ファン・セバスティアン・ベロン
の4択です。

正解は、
ガブリエル・バティストゥータ


バッティストュータのゴールは、日本のディフェンダーのトラップミスを抜け目無くゴールに結び付けたものでした。
トラップミスしたのは、名波だったかな・・・

1998年フランス大会の日本代表は、

 アルゼンチンに0-1で敗戦
 クロアチアに0-1で敗戦
 ジャマイカに1-2で敗戦


で3連敗で一次リーグ敗退でした。

ちなみに日本代表のワールドカップでの初得点は、ジャマイカ戦での中山雅史の得点です。


Youtubeに証拠の動画があったので、載せておきます。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://footballdaddy.blog44.fc2.com/tb.php/814-d6f4cda8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Template by サッカーが好きなお父さん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。