サッカーが好きなお父さん

優勝候補の一角と目されるイングランド代表。ウェイン・ルーニーら強力な選手層もさることながら、指揮を執るファビオ・カペッロ監督の手腕もその一因。カペッロ・監督が指揮を執ったことのないクラブは?

ここでは、「優勝候補の一角と目されるイングランド代表。ウェイン・ルーニーら強力な選手層もさることながら、指揮を執るファビオ・カペッロ監督の手腕もその一因。カペッロ・監督が指揮を執ったことのないクラブは? 」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コカコーラFIFAワールドカップサポーターズパークの第3回クイズ選手権の第3弾、第3問の答えを記事にします。

優勝候補の一角と目されるイングランド代表。ウェイン・ルーニーら強力な選手層もさることながら、指揮を執るファビオ・カペッロ監督の手腕もその一因。カペッロ・監督が指揮を執ったことのないクラブは?


ミラン  インテル  ローマ  ユベントス
の4択です。

正解は、
インテル


ファビオ・カペッロの監督暦は、

1986-1987 ACミラン(イタリア)

1991-1996 ACミラン(イタリア)
1996-1997 レアル・マドリード(スペイン)
1997-1998 ACミラン(イタリア)

1999-2004 ASローマ(イタリア)
2004-2006 ユベントス(イタリア)
2006-2007 レアル・マドリード(スペイン)

2008-  イングランド代表


カペッロは、イングランド代表の監督になるまで、
イタリアのACミラン、ASローマ、ユベントス
スペインのレアル・マドリード
の監督をしてきました。

ACミランを率いてセリエAで3連覇するなど、全てのチームでリーグ優勝を果たしました。
(ACミランで4回、ASローマで1回、ユベントスで2回スクデットを獲得(スクデットとは優勝すること)
レアル・マドリードでは、2回リーガ・エスパニョーラを制する。)

ACミランでは、1993-1994シーズンにUEFAチャンピオンズリーグで優勝し、翌年のトヨタカップで来日しました。

余談ですが、ユベントスで2回スクデットを制しましたが、カルチョ・スキャンダルに関係したユベントスは優勝を剥奪され、セリエBへ降格させられました。

もっと余談ですが、1994年に僕はイタリアにミラノダービー(ACミランとインテルの試合)を見に行きました。
その旅の帰りの飛行機が、ACミランのトヨタカップ来日の飛行機で、機内にもいましたが、空港に着くと色んな選手がいました。
バレージ、マルディーニ、コスタクルタ、アルベルティーニ、ドナドーニ、マッサーロ・・・

ACミランの選手達(1994年11月25日)
(撮影者:びっちま)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://footballdaddy.blog44.fc2.com/tb.php/834-9bbb8a6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Template by サッカーが好きなお父さん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。