サッカーが好きなお父さん

1990年ワールドカップイタリア大会で躍進し、”アフリカの時代”を予感させたカメルーン。その時の順位は?

ここでは、「1990年ワールドカップイタリア大会で躍進し、”アフリカの時代”を予感させたカメルーン。その時の順位は? 」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コカコーラFIFAワールドカップサポーターズパークの第3回クイズ選手権の第3弾、第4問の答えを記事にします。

1990年ワールドカップイタリア大会で躍進し、”アフリカの時代”を予感させたカメルーン。その時の順位は?


1990年イタリア大会の初戦でカメルーンは、前回のメキシコ大会優勝国のアルゼンチンに1-0で勝利し、大金星を挙げました。
結局、一次リーグを2勝1敗の1位で通過し、決勝トーナメントに進出しました。


ベスト16  ベスト8  ベスト4  準優勝  
の4択です。

正解は、
ベスト8


決勝トーナメント1回戦では、GKイギータ、MFバルデラマがいたコロンビア代表と対戦し、延長戦の末に2-1で勝利しました。
得点は、2点とも最年長得点記録を持つロジェ・ミラでした。

準々決勝では、ミラとともに高齢なGKシルトン、メキシコ大会得点王のFWリネカー、MFガスコインがいたイングランド代表と対戦し、2-3で負け、ベスト8でカメルーンはイタリア大会を去りました。

youtubeで1990イタリア大会の準々決勝のハイライト動画を発見しました。

ミラとイギータの対決や、僕の好きなストイコビッチ、現アルゼンチン代表監督のマラドーナの現役時代が見れます。
動画の最後の方にある、アルゼンチンvsユーゴスラビアのPKが終わった後のストイコビッチを忘れられません。


余談ですが、当時人気者だったイングランド代表のポール・ガスコインは、ホームレス生活を送るなどの人生を送り、今は自活不能な状況にあるようです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://footballdaddy.blog44.fc2.com/tb.php/836-74e85527
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Template by サッカーが好きなお父さん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。