サッカーが好きなお父さん

10代からサッカーカメルーン代表のレギュラーとして活躍したCBリゴベール・ソング。彼が出場していない大会は?

ここでは、「10代からサッカーカメルーン代表のレギュラーとして活躍したCBリゴベール・ソング。彼が出場していない大会は? 」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コカコーラFIFAワールドカップサポーターズパークの第3回クイズ選手権の第4弾、第3問の答えを記事にします。

10代からサッカーカメルーン代表のレギュラーとして活躍したCBリゴベール・ソング。彼が出場していない大会は?


1994年アメリカ大会  1998年フランス大会  2002年日韓大会  2006年ドイツ大会

の4択です。


正解は、
2006年ドイツ大会

ワールドカップにおけるカメルーン代表の成績は、1982年スペイン大会の初出場以降は下記のようになっています。

1982年スペイン大会 一次リーグ敗退
1986年メキシコ大会 予選敗退
1990年イタリア大会 ベスト8
1994年アメリカ大会 一次リーグ敗退
1998年フランス大会 一次リーグ敗退
2002年日本・韓国大会 一次リーグ敗退

2006年ドイツ大会 予選敗退(ヤウンデの悲劇
2010年南アフリカ大会 ???

リゴベール・ソングは現在33歳で、16年前の17歳の時にワールドカップに初めて出場しました。
1994年アメリカ大会のことです。グループリーグのブラジル戦にも出場しています。
17歳でレギュラーとして活躍していました。
最年少記録を塗り替えるまでは行きませんでしたが・・・

1990年年イタリア大会以降、カメルーン代表はワールドカップに連続出場しており、1994年アメリカ大会以降ソングも連続出場していましが、2006年ドイツ大会は(ヤウンデの悲劇)によって本大会出場を逃しました。

当然、ソングも2006年ドイツ大会には出場できていません。


ところで今回の南アフリカ大会でリゴベール・ソングは、甥のアレクサンドル・ソングとともにカメルーン代表に内紛を巻き起こしているようで、初戦の日本戦には二人とも出場していませんでした。
日本にとって、アレクサンドル・ソングの欠場はうれしいニュースでした。

余談ですが、昔からリゴベール・ソングには、年齢詐称疑惑が出ていました。
写真を見てみると、確かに老けている・・・
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://footballdaddy.blog44.fc2.com/tb.php/859-20e629a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Template by サッカーが好きなお父さん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。