サッカーが好きなお父さん

アジア予選・ウズベキスタン戦で、サッカー日本代表をワールドカップに導くゴールを挙げた岡崎慎司。出身地は?

ここでは、「アジア予選・ウズベキスタン戦で、サッカー日本代表をワールドカップに導くゴールを挙げた岡崎慎司。出身地は? 」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コカコーラFIFAワールドカップサポーターズパークの第3回クイズ選手権の第4弾、第13問の答えを記事にします。

アジア予選・ウズベキスタン戦で、サッカー日本代表をワールドカップに導くゴールを挙げた岡崎慎司。出身地は?


神戸市  伊丹市  宝塚市  姫路市
の4択です。


正解は、
宝塚市


1986年に宝塚市で生まれ、兵庫県の強豪である滝川第二高校で1年からレギュラーを獲得して、全国大会にも出場経験があります。
滝川第二高校のサッカー部の同級生には、同じ清水エスパルスの木島悠が、1年後輩には大分トリニータの森島康仁が、2年後輩には名古屋の金崎夢生がいます。

他にも昔の日本代表だった加地亮、波戸康広も滝川第二高校の出身。

岡崎は、これまで日本代表で30試合に出場して16ゴールをあげている。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://footballdaddy.blog44.fc2.com/tb.php/891-db5e56fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Template by サッカーが好きなお父さん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。