サッカーが好きなお父さん

ワールドカップにおける国の連続記録

ここでは、「ワールドカップにおける国の連続記録」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドカップにおける国の連続記録(最長記録)についてまとめてみました。
連続記録にも名誉な記録不名誉な記録があります。


●連続出場記録
ワールドカップでの連続出場記録は、1930年ウルグアイ大会から2014年ブラジル大会まで全てに出場している
ブラジル代表20大会連続出場です。


●連続勝利記録
ワールドカップでの連続勝利記録は、2002年韓国・日本大会のトルコ戦から2006年ドイツ大会のガーナ戦まで
ブラジル代表が記録した11試合連続勝利です。


●連続無敗記録
ワールドカップでの連続無敗記録は、1958年スウェーデン大会のオーストリア戦から1966年イングランド大会のブルガリア戦まで
ブラジル代表が記録した13試合連続無敗です。


●連続得点記録
ワールドカップでの連続得点記録は、1930年ウルグアイ大会のユーゴスラビア戦から1958年スウェーデン大会のオーストリア戦まで
ブラジル代表が記録し、
1934年イタリア大会のベルギー戦から1958年スウェーデン大会のフランス戦まで
旧西ドイツ代表が記録した18試合得点記録です。


●連続無失点時間記録
ワールドカップでの連続無失点時間記録は、1994年アメリカ大会のスペイン戦(86分)から2010年南アフリカ大会のチリ戦(67分)まで
スイス代表が記録した559分無失点です。


●連続無失点試合記録
ワールドカップでの連続無失点試合記録は、1990年アメリカ大会のオーストリア戦からアイルランド戦まで
イタリア代表が記録し、
2006年ドイツ大会のフランス戦から2010年南アフリカ大会のスペイン戦まで
スイス代表が記録した5試合連続無失点です。



▲連続引分記録
ワールドカップでの連続引分記録は、1998年フランス大会のオランダ戦から2002年日本・韓国大会のチュニジア戦まで
ベルギー代表が記録した5試合連続引分です。



▲連続無勝利記録
ワールドカップでの連続無勝利記録は、1962年チリ大会のアルゼンチン戦から1994年アメリカ大会のナイジェリア戦まで
ブルガリア代表が記録した17試合連続無勝利です。


▲連続敗戦記録
ワールドカップでの連続敗戦記録は、1930年ウルグアイ大会のフランス戦から1958年スウェーデン大会のスウェーデン戦まで
メキシコ代表が記録した9試合連続敗戦です。


▲連続無得点記録
ワールドカップでの連続無得点記録は、1930年ウルグアイ大会のユーゴスラビア戦から1994年アメリカ大会の韓国戦まで
ボリビア代表が記録した5試合連続無得点です。


▲連続失点試合記録
ワールドカップでの連続無得点記録は、1934年イタリア大会のオランダ戦から1994年アメリカ大会のスペイン戦まで
スイス代表が記録した22試合連続失点です。


今回の2010年南アフリカ大会でスイス代表は、●連続無失点時間記録●連続無失点試合記録を塗り替えました。
おかしなことに、スイス代表は連続失点試合記録の保持者でもあります。


※2014年6月21日更新
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://footballdaddy.blog44.fc2.com/tb.php/898-e6505cf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Template by サッカーが好きなお父さん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。