サッカーが好きなお父さん

W杯南ア大会のMVP候補・10人を発表…FIFA

ここでは、「W杯南ア大会のMVP候補・10人を発表…FIFA」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドカップ南アフリカ大会の残り試合が3位決定戦と決勝戦の残り2試合となった今日、YAHOOニュースにこんなニュースが載っていました。

<南アW杯>最優秀選手候補10人を発表…FIFA

国際サッカー連盟(FIFA)は9日、W杯南アフリカ大会の最優秀選手の候補10人を発表した。11日の決勝戦終了時までの記者投票(3選手連記)を経て決まる。候補選手はフォルラン(ウルグアイ)、ジャン(ガーナ)、イニエスタ、ビリャ、シャビ(以上スペイン)、メッシ(アルゼンチン)、エジル、シュバインシュタイガー(以上ドイツ)、ロッベン、スナイダー(以上オランダ)。前回ドイツ大会では準優勝したフランスから、ジダンが選ばれた。



ドイツの トーマス・ミュラーの名前がありません。
と思ったら、毎日新聞にこんなニュースがありました。


南アW杯:最優秀若手賞最終候補、ドイツのミュラーら3人

 【ヨハネスブルク江連能弘】国際サッカー連盟(FIFA)は9日、W杯南アフリカ大会で最も活躍した21歳以下の若手に贈る「ベスト・ヤングプレーヤー賞」の最終候補にA・アユー(ガーナ)、ドスサントス(メキシコ)、ミュラー(ドイツ)の3人を選んだ。11日の決勝後に発表する。

 ◇ミュラー最有力…11日の決勝後に発表
 最有力は20歳のミュラーだ。右の攻撃的MFで今年3月に代表デビューしたばかりだが、流動的に前線を動いてチャンスを作るだけでなく186センチの長身を生かしてゴール前に飛び込むなど、ここまで5試合で4得点3アシスト。準々決勝のアルゼンチン戦では開始早々に先制のヘディングシュートを決めた。累積警告で出場停止となった準決勝のスペイン戦でチームは敗れたことで逆に存在感が際立った。前回大会のポドルスキに次いでドイツからの連続受賞も懸かる。

 左MFで20歳のA・アユーは決勝トーナメント1回戦までの4試合すべてに先発し、1アシストを記録。豊富な運動量で攻撃を活性化させ、チーム初の8強進出に貢献した。出場停止だった準々決勝でチームは敗退。昨年U20(20歳以下)W杯を制した時の主将で、着実に国際舞台の経験を積み重ねている。

 21歳のドスサントスは主に3トップの右に入り、決勝トーナメント1回戦で敗退するまで4試合にフル出場した。得点、アシストこそなかったが、スペインの強豪バルセロナの下部組織で育ち、「メキシコのメッシ」と称されるだけの技術の高さを随所に見せた。

 同賞は前回大会から創設された。対象は89年1月1日以降に生まれた選手で、監督や選手経験者らで作るFIFAのテクニカル・スタディー・グループ(TSG)が選出する。





ミュラーはまだ若いから、ベストヤングプレイヤーで確定。

MVPはスペインもしくはドイツの5人のうちで、今の最有力候補はイニエスタもしくはエジルかな・・・
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://footballdaddy.blog44.fc2.com/tb.php/992-35a8bcda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Template by サッカーが好きなお父さん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。